記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
NASUロング敗退  (Fri, 04 Jul 2014 16:46:28 0900)

6/26福島県。NASUロングへ。

100kmのトレイルは延々と続いている。この長大なトレイルを前にして感じるのは、不安と期待。肉体的に追い込まれるであろう不安、そして、自分の限界点を押し上げるという未知の領域への期待。その2つの感情が混然一体となって大会当日の朝を迎えた。この一ヶ月、調整に調整を重ねたため、スタート地点に立っている時点では後悔はない。100kmというロングトレイルに、自分の身体は精神はどう反応してゆくのだろうか。

6/27 4:50AM。天栄村、レジーナの森。
不穏な空模様。刻一刻とスタートが近づいている。まな板の上の鯉。あとはもう身を任せるのみだ。

そして、スタートのホーンが鳴る。

NASUロング

チェックポイント(以下CP)1までは距離27km。体力を温存しながらジョグペースで進む。
林道、二股山を越え、4時間20分ほどで第1エイド着。バナナ、饅頭、水をもらい、トイレを済まして5分ほどでGO。ここから雨が降り始める。

(途中、写真を撮る余裕なし)

続くCP2までは18km。小白森山、大白森山をつなぐ起伏のあるトレイル。断続的に強い雨が降るが、樹林にいるため寒くはない。
同じく4時間20分ほどかかってCP2、キョロロン村に到着。バナナ、クリームパン、饅頭、水を補給し、トイレ。5分ほどで出発。43kmを初めて走った1ヶ月前に比べ、コンディションは悪くない。

しかし雨が強い。トレイルは泥水で滝のようになっている。頭の先からつま先まで、雨や汗、泥水でびしょ濡れになっている。そんな見た目でも、気持ちはなぜか軽やかだ。楽しくなってきた!

NASUロング

赤面山への登りへ。

雨が強い。稜線は風に吹かれ、かなり寒く、震えながら通過してゆく。ザックの上からレインウェアを来ていたため、手袋が取り出せず・・。右膝が痛みはじめ、やむなくロキソニンと胃薬を服用。

NASUロング

CP3の那須湯本へは、関門ギリギリで通過するつもりでいたが、悪天のために関門が30分早まった。非常に残念ながら61km地点でレースは終了となった。
13時間51分、CP3フィニッシュ168位。

FUKUSHIMA-NASUロングトレイルは終わった。まだ前に進みたい、まだ行ける、気持ちは軽く、ゴールへ向いていた。結果的には時間切れになっていたのは確実だが、CP3でリタイアとなってしまったのは残念な結果となってしまった。悔しい!!

しかし、どことなく甘美な疲労感に浸りながら、気持ちはすでに次へ向かっている。





↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

この記事に対するコメント(2件)
この記事に対するコメント(-)
ありがとう~
そう、次は完走したいな~!長距離はやればやるだけ伸びるらしいんだよね。
by すださん
-----------------------
すごいね、すーさん。
日記、疑似体験ができる感じで、すごい面白い!
次は完走できるといいね。
でも無理は禁物でお願いします。
by 秋元 泰正さん
-----------------------

コメントを書く
: 名前