記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
残雪期白峰三山その2  (Wed, 07 May 2014 14:08:16 +0900)

5月4日、3日目。
今日は長大な稜線が待っている。

淡々と準備をし、午前3時30分に撤収を完了した。フル装備を担いで樹林の急登にトレースを付けゆく。登山道は深い雪の下に埋もれていて、地図とコンパスを頼みにして暗闇を進んでゆく。闇の樹林で赤テープを探すとき、ヘッドランプの照射距離はそりゃ長いほうがいい。

残雪期白根三山縦走

けれど途中から赤テープがなくなり、コンパスと地形読みで確実に標高を上げてゆく。

残雪期白根三山縦走

アイゼンの歯は気持ちよく刺さる。ギリギリと音を立てて、一歩一歩。
南アルプス特有の、高くに位置する森林限界をやっと抜ける。

残雪期白根三山縦走

ご来光に背中を暖められ、稜線に立ったのは5:30。

残雪期白根三山縦走

大門沢下降点にて鐘を鳴らし手を合わせる。

残雪期白根三山縦走

農鳥岳への登りは、スケール感を失うほどの迫力。

残雪期白根三山縦走

そして農鳥岳から西農鳥へは悪いトラバースが何か所もあり、ショートロープで確保されたいと架空のビレイヤーを求めた。肝を冷やしながら手足に全神経を集中させる。

落ちられない、絶対に落ちたくない。でも冷静に。ピックを刺して、アグレッシブテスト。足を踏みかえて一歩前進。その繰り返し。

残雪期白根三山縦走

残雪期白根三山縦走

西農鳥岳を通過し、農鳥小屋への下降へ。

雪に埋もれた農鳥小屋通過。

残雪期白根三山縦走

間ノ岳へ。

残雪期白根三山縦走

最近昇格して日本第三位タイにおどり出た間ノ岳は、最終氷期には日本最高峰であったとの学説もあり。

残雪期白根三山縦走

北岳山荘への途中に通過する小ピーク中白根山。緩んだ雪によりトラバースは相当ここも悪かった。

山荘のテント場。予約せずも今日は貸切。

残雪期白根三山縦走

日没。

あざやかな彩雲は荒天のきざし。

残雪期白根三山縦走

夜半、吹き付ける強風にきしむテント。思いっきりぶっ叩かれたような音に目を覚ます。
明日はどうなることやら。





↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

(この記事に対するコメントはまだありません)

コメントを書く
: 名前