記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
仙ノ倉谷西ゼン  (Tue, 01 Oct 2013 13:55:23 +0900)

新潟県は魚野川水系。国内スラブ滝登攀の聖地、仙ノ倉谷西ゼンへ。

大泉学園駅で実家隊と合流して一路上越へ。毛無沢林道終点付近のゲートにてテントを張り前夜泊。



翌朝6:30出発 。 平標(たいらっぴょう)新道登山口から1時間でダイコンオロシ沢出合。
目印のケルン型石碑から入渓。

しばらくゴーロが続いてイイ沢出会いからナメ滝が現れる。

仙ノ倉谷西ゼン遡行 仙ノ倉谷西ゼン遡行

東ゼン(ゼンとは地元の言葉で大きな滝という意味)出合からは延々とスラブが続く。

石灰岩に磨かれた限りなく透明な清流。

仙ノ倉谷西ゼン遡行

前半核心部の第一スラブ帯。基本的にはフリーで登るらしいのだが、ラインを誤るとやらしいトラバースを強いられるのでロープで確保を。でも確保支点が無いんだな。ピトンも打てるリスはままあるが。

ほどよい高度感。 覚悟しながらボディビレイ。

仙ノ倉谷西ゼン遡行

壮大な岩壁に圧倒される。とにかくバカでかいスラブだ。

仙ノ倉谷西ゼン遡行 仙ノ倉谷西ゼン遡行

そして後半核心部、第二スラブ帯へ。

仙ノ倉谷西ゼン遡行

斜度は第一スラブ帯よりきついけれど、階段状のスタンスで危険箇所は少ない。
が、この日は 何日か前に降った雨の影響で、草付きは泥でズブズブ。ロープを何回も出す。

第二スラブ帯上部は流心にラインをとるのが正解だった。左岸の地獄の急斜面藪へ突入。

仙ノ倉谷西ゼン遡行

延々なる藪。平標山頂に着いたのは19:30過ぎ。残業に隊の皆はへとへと。
ガスの強風。

下山はあきらめて平標山の家に宿泊をお願いした。こころよく迎え入れてくれた小屋の皆さんに感謝!

仙ノ倉谷西ゼン遡行 仙ノ倉谷西ゼン遡行

翌29日は快晴。

仙ノ倉谷西ゼン遡行

稜線歩きを楽しんで平標新道を下山。

仙ノ倉谷西ゼン遡行 仙ノ倉谷西ゼン遡行

西ゼンは偉大だった。

仙ノ倉谷西ゼン遡行





↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

(この記事に対するコメントはまだありません)

コメントを書く
: 名前