記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
木質系ストーブのこと  (Wed, 08 May 2013 19:58:07 0900)

山で飲むコーヒーは最高。あぁ、コーヒー飲みに来たんだっけ、とさえ思う。

山でお湯が欲しいときは、テルモス(魔法瓶)に詰めてかつぎ上げるか、もしくは山で沸かすことになる。ガスストーブで山ではじめてゴォォとやったときの楽しさは今でも忘れない。氷点下20℃を下回る厳冬期の稜線で、胃に熱い甘い紅茶を流し込んだ時の安堵感といったら。山で火があるっていうのは楽しくて、どこか頼もしい感じがする。

ガス式のストーブは軽量かつ簡便で、間違いなく今現在主流。そして、場合によってはより軽量なアルコールストーブ、ガスの入手が難しい遠隔地ではガソリン式というように、非ガス勢もしぶとい。そこで今いろいろな意味で熱いのが、原点回帰とも言える木質系ストーブ。

世界の多くのバックパッカーに名を轟かせている、ブッシュバディ・クックストーブ。カナダのフリッツ=ハンデル氏(Mr. Fritz Handel)が手製で製造している調理用ストーブだ。手仕事は精巧で美しく、その軽量さと燃焼効率はぶっちぎりで他のウッドストーブと差をつけている。

ブッシュバディ・クックストーブ

(写真:残雪期の南アルプス・北岳稜線にて)

オンラインで注文して数週間後、面取りされていないラフな木箱に入ってポストに届いた。裏面には「BB ULTRA .004」と手書きの商品名が。

ブッシュバディ・クックストーブ ブッシュバディ・クックストーブ

使い方は極めて単純。燃焼炉の中で焚き火をすればよい。焚き火が上手い人にとっては、練習無しぶっつけ本番で使いこなせるはずだ。裸火の焚き火と違って、二次燃焼による高効率と煙の少なさには感動すら覚える。さらに完全に断熱された底面は、地面にインパクトをほとんど与えない。灰もほとんど飛び散らない。

ブッシュバディ・クックストーブ

火種に焚き付けの小枝を投入し、1分ほどして燃焼炉が温まったら太めの枝を必要なだけくべていく。

ブッシュバディ・クックストーブ

木と雪があるシチュエーションで、飲水には困らないというのはなんとも安心感がある。3泊以上の長旅の場合はブッシュバディが有利となるはず。

ガス式にはないメリットがある反面、着火道具が必要、鍋が汚れる、テント内では使用不可などデメリットもある。ただ、実際に必要な副装備を含めてもガス式と収納容積はさほど差がない。

ブッシュバディ・クックストーブ

自作キットの内容物は次の通り。
ストーブ本体、スタッフザック、ビニール袋(使用後の鍋を収納する)、鍋つかみ、火種、スポンジ、金だわし、メタルマッチ、ライター、ジップロックコンテナ、ペーパータオル

ブッシュバディ・クックストーブ

小枝を燃料にして沸かしたお湯でいれたコーヒーはさらにおいしい。理由はよく分からない。なんとなく懐かしいなごやかさもある。

ブッシュバディ・クックストーブ

2013年9月、奥多摩御前山にて

関連リンク:bushbuddy.ca





↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

(この記事に対するコメントはまだありません)

コメントを書く
: 名前