記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
残雪期北岳登頂編  (Mon, 06 May 2013 21:52:43 0900)

1日目はこちら
朝目覚めると、目の前には巨大過ぎるバットレスが。まさに圧巻。

積雪期北岳

積雪期北岳 朝は-10℃くらいまで冷え込み、雪も5cmほど積もった。

積雪期北岳

積雪期北岳

朝焼けに染まるほんの一瞬。言葉を失うほどの景色。

積雪期北岳

そして間ノ岳。

念のために持ってきていたロープを出して、5~6mの懸垂下降により八本歯を通過。

積雪期北岳

頂上まであと標高差200m。いざ。

積雪期北岳

吊尾根分岐までのトラバース、雪質によっては悪そう。そして頂上へ。

積雪期北岳 積雪期北岳

山頂付近、今朝の新雪の上にツキノワグマのトレースが。
なぜここまで登ってきたのだろう。食料など山頂付近には無いと分かっているはずだし、もしかすると眼下を見渡すためか。さすがに北岳頂上からの風景ともなると、野生生物にとっても素晴らしいのかもしれない。純粋で透き通るようなモチベーションがそこには感じられ、はっとさせられるような一瞬だった。

積雪期北岳

あれ?下山のトレースは?

ピッケルを握る力、120%に(汗)・・・。

積雪期北岳

クマは!?クマがいない!クマさんは縦走コースだろうか。

積雪期北岳

積雪期北岳

いろいろな意味で無事にテントに帰着。ただし、雪の上にペットボトルを横置きにしようもんなら下まで一気。くれぐれも慎重に撤収。

積雪期北岳

この風景に、何度足を止めて振り返っただろう。

積雪期北岳

思う存分稜線歩きをしたら、あとはひたすら下山。3193mから奈良田へ一気に2500mの標高差をひたすら下山。

積雪期北岳 積雪期北岳

あるき沢橋にて足を洗い、アイゼンを洗い、デポしておいたスニーカーを履き、山菜の目を光らせながら3時間の林道歩き。

積雪期北岳

あの鉄柵に始まり、この鉄柵で終わった。





↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

(この記事に対するコメントはまだありません)

コメントを書く
: 名前