記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
厳冬期阿弥陀岳2日目  (Tue, 12 Feb 2013 11:38:17 0900)

山梨側から朝日を受ける赤岳(2899m)。天気は良さそうだけど稜線は風が強そうだ~。

2013年厳冬期阿弥陀岳

明け方は-20℃くらいまで冷え込んで、マットからほんの少し気になるくらいの冷えを感じた。4時起床。風も無くまあまあ眠れた。
お湯800mlとカロリーメイトをアタックザックに詰めて6時出発。中山乗越を通過。

2013年厳冬期阿弥陀岳 行者小屋通過

威圧的な阿弥陀岳北面が目の前に現れる。中央が黒々した岩峰を抱える北稜。

2013年厳冬期阿弥陀岳

南八ヶ岳最大の雪崩の巣、中岳沢。下部から尾根へ上がってジャンクションピークへ向かう。

2013年厳冬期阿弥陀岳 2013年厳冬期阿弥陀岳

(写真右)ジャンクションピークから第一岩峰、第二岩峰が見える。

2013年厳冬期阿弥陀岳

第一岩峰は雪がしっかりついているため、岩峰と気づかずに通過した。
第二岩峰は2ピッチのアルパインルート。1ピッチ目の岩には取りつかず、左側の雪壁を慎重に登攀。雪質に救われたけど、コンディションによっては悪そうだった。

2013年厳冬期阿弥陀岳

斜度は50度くらい。雪はかなりしまっていて、強めに蹴りこんでやっとつま先のスタンスが得られる感じ。

2013年厳冬期阿弥陀岳 第二岩峰2ピッチ目。左から巻いてもよかったけど階段状だったためフリーで直登。

2ピッチ目のフェースを越えると、馬の背リッジ!ブッシュはあるも右側の切れ落ちが・・・。

2013年厳冬期阿弥陀岳

2ピッチ目終了点から頂上へは、透き通るような雪稜。
写真は先行パーティー。

2013年厳冬期阿弥陀岳

ここでやっと一息。

2013年厳冬期阿弥陀岳 右手が冷えてた。

阿弥陀岳山頂!

2013年厳冬期阿弥陀岳

南陵、キレット方面がすばらしい。

2013年厳冬期阿弥陀岳

2013年厳冬期阿弥陀岳

下山は一般ルート。
これがまた急峻で。

2013年厳冬期阿弥陀岳

慎重にクライムダウン。

中岳へのスノーリッジがきれい。

2013年厳冬期阿弥陀岳

横岳も風つよっ!

2013年厳冬期阿弥陀岳

中岳を通過し、文三郎分岐まで上り返すと赤岳頂上が手に届きそう。
ぐっとこらえて下山。

2013年厳冬期阿弥陀岳

休憩中、風に飛ばされてしまったビスコの袋が大きく宙を旋回して手元に戻ってきた!なんという奇跡!!

あぁ、撤収が惜しい。

2013年厳冬期阿弥陀岳

赤岳鉱泉から美濃戸口バス停まで1時間半。 今日はいつもより長めにアイゼンを履いてみた。歯が雪に食い込むザッザッって音が真冬の風物詩。雪と岩と寒さの純粋な世界が心に沁みこんでいく、いい山旅だった。





↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

(この記事に対するコメントはまだありません)

コメントを書く
: 名前