記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
厳冬期権現岳1日目  (Mon, 28 Jan 2013 15:53:56 0900)

厳冬期登山の崇高で純粋な世界が恋しくなって八ヶ岳へ。今季最大の寒波が予報されている。
本命の週末キタ。甲斐大泉駅から権現岳に挑む。

天女山の冬季封鎖ゲートですでにそこそこの積雪。

2013年厳冬期権現岳 2013年厳冬期権現岳

ブ、ブリザードが・・・!

2013年厳冬期権現岳

スノーシューのトレースがあるけどみるみる消えてゆく。雪の深さは標高1700mくらいまではくるぶし深のラッセル。

疲れたらシュラフカバーをかぶって休憩。装備の濡れを最小限にするのはなかなかコツが要るなぁ。

徐々に雪が深くなってゆく。すれ違った下山者のトレースもほとんど消滅して膝下ラッセルとなる。標高1800mから標高差500mの急登が始まる。

雪が深い・・・。

2013年厳冬期権現岳 2013年厳冬期権現岳

この雪の深さだと、今日中にもし前三ツ頭付近まで標高を上げることができなければ2日目の登頂の可能性はかなり下がるだろうなと思った。16:00を過ぎてもまだ標高2000m地点。ルートはよく頭に入っているし明瞭な尾根のルートなので、日没ぎりぎりまで突っ込むことにする。

2013年厳冬期権現岳

膝下から膝上ラッセル。荷揚げが辛くなってきた時間になると腰&胸ラッセルの追い打ちが。
この状況で地吹雪に吹かれてひとりニヤニヤしながらひーひー言ってる。なぜなら冬の八ヶ岳を感じてるから。どうせ敗退するにも行けるところまで行かねばという思考回路に。

日没時間を過ぎた。そろそろ幕営地を探さないといけないなと思って、少しでも風がしのげそうな場所を。でも平坦地ない!荷物重い!樹林帯といっても稜線だから風つよっ!しかも左から右から!

もうどこでも同じだ。ルートからちょっと外れたところに決めた。適当にピッケルで斜面を削ること30分。-20℃のブリザードの中、楽しみながらテントを設営完了!

テントを張ってしまえば、中はあったか極楽。気温計を見ると-19℃。

2013年厳冬期権現岳 2013年厳冬期権現岳

ほんとだ、あったかーい(泣)

2013年厳冬期権現岳

食事をし、雪で水を作っているときには、「あぁもう明日は下山かな」と弱気になる。
でも知ってる。こういう場合でも寝てしまえば頭はすっきりするものだ。

あったかぽかぽかで就寝〜
2日目の様子はこちら
-----------------------------------
行動時装備:(上半身)レインジャケット、フリース、インナー (下半身)レインパンツ、フリース、タイツ (その他)バラクラバ、ダウンキャップ、冬期登山靴、コットンソックス、ウールソックス、ゲイター、インナーグローブ、オーバーミトン

就寝時レイヤリング:(寝具)タイベック製シュラフカバー、シュラフ(-4℃)×2、 (上半身)レインジャケット、ライトダウン、フリース、フリース、インナー (下半身)レインパンツ、フリース、タイツ (その他)コットンソックス、ウールソックス

その他メモ:ガス缶、水、バッテリー類はシュラフの中へ。グローブやバラクラバ等、濡れ物はインナーとフリースの間に挟んで乾燥。ストック、ピッケル以外はテント内

飲んだ水:約1ℓ






↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

(この記事に対するコメントはまだありません)

コメントを書く
: 名前