記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
ルンサールカンリ遠征・敗退編  (Thu, 25 Oct 2012 16:05:17 0900)

インドヒマラヤ・東ラダック最高峰、ルンサールカンリ(頂上標高6666m)へ。

登山活動の結果から先に言ってしまうと、キャンプ1にも到達できないという、標高5850m地点での完全敗退でした。非常に残念です。

原因は、ベースキャンプ入りまでに行った高所順応が1日か2日不足していたからだと思います。今回設置したルンサールカンリのベースキャンプは、チャムセールカンリの東にある三角形のプラトー。標高は5660m。下部ベースキャンプ(Skyurchu:スキュルチュー)は標高4600mなので、ベース入りの日の登高は標高差1000m以上もあり、身体への大きな負担となってしまったのだろう。

ベースキャンプの標高、5660mとはどんなものなのか---。

「場合によっては高所衰退が起きる」

僕にはこれが起きてしまった。



suda studio



時系列でさっくりと様子を。

1日目。
レーから下部ベースキャンプへ。標高3500mのレーから、車で走ること7時間。ツォ・モリリという湖の湖畔にキャンプ。標高が4500m。翌日のベースキャンプ入りを控えておとなしく就寝。

2日目。
ベースキャンプ入りの日。あいかわらずの快晴だ。
朝、キャンプを撤収し、ゆっくり歩き出す。

5時間かけて上部のプラトーへ到着。 体調がいまひとつだ。脳が腫れたような熱っぽい不快な感覚になり、息切れがひどい。
翌日になったら順応するだろうとこのときは思っていた。食欲と脈拍は比較的良好。

3日目。ベース入り2日目。
ものすごい不快感とともに目が覚め、軽い頭痛はするし食欲はないし、すぐに「あ、これはまずいな・・」と思った。
幸い、この日は全日レスト。翌日の快復を期待してなんとなくやり過ごす。

4日目。
頭の腫れはおさまってきたものの、消化能力が低下しているのか、下痢に。おまけに少し歩くだけで息切れがする。
衰退しているな、と思った。一応、5800mまで2時間ほど体を動かした。

5日目。
C1入りの日。朝から勝算皆無(泣)。
10kgほどのザックを持ち上げただけで息切れが・・・。

---これは無理か~~・・!
心の声が聞こえる(笑)

でも、心配そうなシェルパとコックをキッチンテントに残し、出発。

・・・。無理だよね~、このコンディションじゃ。雪降ってくるわ体は鉛みたいに重いわ、おまけに下痢だし。
C1が遥か彼方に思える。6000m近い標高だと、すぐそこが本当に遠く思える。そう、笑えるくらいに。

「ハアハア・・、あ、あの岩まで行ったら一息つこう・・。」

その岩っていうのは、なんとたったの15m先に(笑)。そして、この繰り返し。

C1が、C1が遥か彼方に~、遠ざかってゆくぅ~。そして果てには山頂がーー・・・・。


無理。

今回は無理。敗退。
おめおめとベースへ帰還。
テントに着くやいなやシュラフに倒れこむ。

6日目。
下山開始。
標高が下がるって幸せだなぁ。と、あれだけ高所を目指してたのに。
お昼過ぎに下部ベースへ到着。体調がみるみる改善。

7日目。
下山完了。昼前に帰りの車がやってきて、キャンプ撤収。

8日目。
復路。よくわけの分からない場所でキャンプ。

9日目。
レーに帰着。

とまあこんな感じでした。



suda studio



写真を少し。

ルンサールカンリ遠征

ツォ・モリリへの途中、薄く雪化粧した山が見え始めテンション上がる。

湖へ到着。不毛だし、人っこ一人いないし、標高4500mだし、この世の果てに来てしまったのか。

ルンサールカンリ遠征 ルンサールカンリ遠征


シェルパとコックが下部ベースキャンプを設置中・・。

ルンサールカンリ遠征

ルンサールカンリ遠征 夕方になり、荷揚げのためのロバ到着。ロバのテンション低め。


2日目、ベースキャンプ設置予定のプラトーへのハイクアップ。ミクモ・シェルパとロバ(写真右)

ルンサールカンリ遠征 ルンサールカンリ遠征

ルンサールカンリ遠征 標高5660mのベースキャンプ


ベースキャンプに雪が降りました。

ルンサールカンリ遠征 ルンサールカンリ遠征


C1入予定日。敗退を決めて時計を見たところ。

ルンサールカンリ遠征

ルンサールカンリ遠征  ルンサールカンリ遠征

横たわるエクスペディションパック70L。この隣に僕が同じく横たわってました。
敗退。敗退だよ~!

だけど、夏のいい思い出ができました。
これから1週間かけて日本に帰ります。

さらば、ラダック。





↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

この記事に対するコメント(2件)
この記事に対するコメント(-)
いろいろ心配かけてすみませんでした・・・。また行きたいって言ったら怒られちゃいますかね(笑)。
by すださん
-----------------------
お疲れ様でした。大変でしたね。でも、よい景色ですね。
by 孫六さん
-----------------------

コメントを書く
: 名前