記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
夜叉神ヒルクライム  (Mon, 26 Dec 2011 10:05:38 0900)

夜叉神峠登山口へのヒルクライム。

今回は冬期北岳登山を目論んでの偵察旅行である。夏山シーズンが終わり冬のとばりが降りるころには、白根三山を始めとする南アルプスの中枢は下界から隔絶された最後の聖域となる。と言ったら大げさだけど、情報も少なく地理的にも奥深く、登ろうと思ったらそれなりの時間と根性が要りそう。登っている自分をイメージして、具体的な計画を立てられれば、あとは実行に移すだけだ。だからこそ、とにかく夜叉神トンネルを抜けて雪の北岳を間近で見てみたかった。どれほど大きいのか。どれほど遠いのか。

だけど結論から言うと、厳冬期北岳は易しくないと思ってしまった。4、5日はかかりそう。取り付きまでに2、3日。しかも2月になると林道の工事やらでアプローチ自体が不可能になることもあるとか。時期は年末年始のワンチャンス。高気圧に覆われて条件が良ければ快適に登れるだろう。天候が荒れたら即撤退だ。

夜叉神峠

もし僕がセレブリティだったらタクシーを呼んでいるだろう。だけど残念ながら僕はセレブリティではない。輪行袋をミシンで縫うような、お小遣い制のアマチュア登山愛好家である。
旅の友はGiant TCX2。軽快なアルミフレームだけど悪路もぶれない頑丈さも兼ね備えているところ、林道を詰めるにはもってこいだ。

夜叉神峠

こんなやさしそうな道から、斜度10%の殺人的な坂まで、標高差1100mをあえぎあえぎ3時間。

夜叉神峠

着きました!

夜叉神峠

愕然。ゲートに門番がいる・・・!しかも登山者も含め、全て通行禁止とのこと。だから、冬のゲートが降りているときにトンネルの向こうへ行くには夜叉神峠を越えるか、このゲートをどうにかして突破しなければならない。

いざトンネルへ!

夜叉神峠

1km以上もある漆黒のトンネル。恐怖に襲われたらパニックになるかと。背後を振り返るのにはメンタルが試されます。夜叉神は自然を愛する精霊。僕は普段から山に落ちているゴミを拾っている善良市民なので、夜叉神様に許しをもらえているはず。そうに違いない。

(水漏れが首に落ちる)

イヤァァッ!!

夜叉神峠

トンネルの向こうは気温がぐっと低い感じ。

夜叉神峠

ガスガスの北岳。

入り口がシャッター下りているため、完全な闇に向かっていくという帰りのトンネル。

夜叉神峠

無事通過。

本日のお楽しみ。標高1400mからのダウンヒル。

夜叉神峠

夜叉神峠登山口から竜王駅まで爽快な1時間。






↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

この記事に対するコメント(2件)
この記事に対するコメント(-)
帰りのダウンヒルの爽快感が異常。だってまったく漕がないんですよ!?
by すださん
-----------------------
シェアしちゃった^^。
これやりたいかもwww。
by ひろさん
-----------------------

コメントを書く
: 名前