記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
冬季権現岳  (Sun, 11 Dec 2011 15:02:32 0900)

権現岳(2715m)といえば、前シーズンの厳冬期に敗退した経験がある。今年も八ヶ岳に雪のシーズンが来ました!

冬季権現岳 小淵沢駅から権現岳山頂までの標高差約1850mの長大な登りの始まり。

押手川付近。これがクマの足跡だってことくらい分かります。雪降ったのが昨日だから、そこらにいるね。来るな。

冬季権現岳 冬季権現岳 三ツ頭も白い。

青年小屋も近くなると、雪が深くなってくる。

冬季権現岳

ここからが本日のメイン。ギボシの威圧感。

冬季権現岳 冬季権現岳 ギボシ西壁と。

ここから岩稜帯。風は5m/s、気温-10℃くらいか。視界はあまりよくない。

冬季権現岳

核心部。ギボシのトラバース。新雪と岩稜のミックス。前回はギボシを直登する方向(画面中央のルンゼ)へルートミスしてしまい敗退した。おかげでこの付近の地形は完全に頭に叩き込まれている。

冬季権現岳

クラストしていないさらさらの雪を払いのけて、クランポンの前歯4本で立ちこむ、というのが何箇所かあった。もう少し積もれば歩きやすくなりそう。

冬季権現岳

山頂へのリッジ。あと1ヶ月もしたらここはきれいなスノーリッジになる。

冬季権現岳 ガスガスの山頂とエクスカリバーをバックに。

クライムダウンのほうが危ない。

冬季権現岳

雲海のベンチで日没。

冬季権現岳

鹿とヘッデン下山。雪山シーズン始まる。





↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

この記事に対するコメント(2件)
この記事に対するコメント(-)
あるいは、ダウンの表面を撥水加工するか、ダウンをやめてソフトシェルにする。
by SUDA STUDIOさん
-----------------------
稜線上でのレイヤリングでちょっと失敗したのでメモ。アンダー>マイクロフリース>ライトダウン>ハードシェルという構成で、シェルの内側に凍結した結露が発生して、ダウンの表面がそれを溶かして水になり、濡れてロフトが失われた。つまりダウンとシェルの間にかなりの温度差があるということ。もっと汗を抑えるよう体温調整するか、シェルの内側に濡れ戻らないレイヤーを追加するかしたほうがよい。
by SUDA STUDIOさん
-----------------------

コメントを書く
: 名前