記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
ストックカンリ遠征  (Sun, 04 Sep 2011 11:45:22 0900)

ストックカンリ遠征記録 (2011/8/11 - 8/28) expedition to Stok Kangri in Ladakh, India.

ラダック 『インド・ヒマラヤの名峰、ストックカンリ』

ヒマラヤ山脈の東端に位置し、その北方には長大なカラコルムをのぞむ。標高は約6123m。

ラダック ラダック

インド・ラダック地方の中心都市レーが今回のストックカンリ登山の起点の町。チベット文化圏であり、なんとなく日本のおばあちゃんちのような親しみやすさがある。標高約3500m。


1日目:出国
成田からインド・ニューデリーへ。余計な体力を失わぬよう、なるべく気を殺してニューデリーを通過。

2日目:レー入り
空路でレーへ。完全休養日。ほぼ富士山9合目の標高なため、道をゆっくり歩くだけで高所順応トレになる。水を3リットル飲んだ。安静時の心拍数は72(bpm=beats per minute)平地だと57(bpm)。

3日目:休養日
起床時62(bpm)。3600mの小高い丘へ歩き、調子が良さそうだったので続けて街近くの4000mピークをピストン。

ラダック

4日目:レー>リキール>ヤンタン
起床時60(bpm)。軽い頭痛があったが深呼吸とストレッチで1時間後に解消。3400m~3600mの標高を4時間歩いて足慣らし。3600m地点で宿泊。

5日目:ヤンタン>ヘミスシュクパチャン
起床時60(bpm)。この日は標高3800mの峠を通過して隣の村へ移動し、昼食後に4050mをピストン。

6日目:ヘミス>レー
起床時63(bpm)。標高4000mの峠越えも難なくクリア。

7日目:レー>ジンチャン>ルンボク
起床時59(bpm)。標高3500mから4100mを2時間半で移動。昼食後に4600mをピストン。4100m地点に宿泊。

ラダック ラダック 『水晶を発見』

ラダック 『なぜかバターを作らされている』

ラダック 『これがお風呂。あるだけありがたい』

ラダック ラダック  『インダス川を人力ゴンドラで横断するドイツ人トレッカー』

8日目:ルンボク>カンダラ>スキュー
起床時80(bpm)。4870mのカンダラ峠越え。高度障害は特になし。スキュー(3600m)まで下山。

9日目:スキュー>チリン>レー
起床時59(bpm)。2時間歩行。

10日目:休養日。
レーにて完全休養。

11日目:ストック>マンカルモ
キャラバン1日目。ふもとの村ストック(3600m)から中継キャンプのマンカルモ(4300m)へ移動。安静時心拍数72(bpm)

12日目:マンカルモ>ベースキャンプ
朝の心拍数64(bpm)テント内6℃
ベースキャンプまでゆっくり上がる。夜にスパゲッティとカレーとポテトフライという炭水化物のセットで備蓄体力増強。

13日目:サミットデー
シリアルを食えるだけ胃にかき込んで、深夜1:00にアタック開始。氷河を横断して3:00に取り付き。5:00にリッジに出て、めでたく6:20サミット。9:40にBCまで下山。

ラダック 『ストック氷河』

ラダック 『氷河すげー!』

14日目:BC>ストック>レー
キャンプを撤収して麓まで完全下山。レーへ移動し、4日ぶりにシャワーを浴びる。

15日目:
レーにて休養

ラダック ラダック 『中央にストックカンリ』

16日目:
ニューデリーへ

17日目:
帰国日。一路成田へ。





↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

この記事に対するコメント(2件)
この記事に対するコメント(-)
Wow, thanks, Masa-chan! I can't wait to go in August! Let's begin planning for climbing Aconcagua in 2-3 years.
by Aaron Bedellさん
-----------------------

by さん
-----------------------

コメントを書く
: 名前