記事一覧

一ノ倉南陵敗退
剱岳チンネ左稜線
ネオプレンのシャツ
シャムセールカンリ山頂へ
シャムセールカンリその4
シャムセールカンリその3
シャムセールカンリその2
シャムセールカンリその1
カンヤツェII峰5合目その2
カンヤツェII峰5合目その1
第四尾根登攀編
北岳バットレス アプローチ編
シャムセールカンリ遠征準備編
NASUロング敗退
マスキ嵐沢
天王岩
残雪期白峰三山その3
残雪期白峰三山その2
残雪期白峰三山
ヘッドランプ修理
三ツ峠中央カンテ
自作ノーズプロテクター
岩間福原トレイル
トレランパック自作
冬季浅間山2日目
冬季浅間山1日目
冬季赤岳主陵2日目
冬季赤岳主陵1日目
城山西南カンテ
南沢小滝アイス
湯河原幕岩
越沢バットレス
トーベイルストラップ
つづら岩
谷川馬蹄形縦走
仙ノ倉谷西ゼン
御前山
杉田川源流遡行
墓場尻川左俣
木質系ストーブのこと
残雪期北岳登頂編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
厳冬期阿弥陀岳2日目
厳冬期阿弥陀岳1日目
厳冬期権現岳2日目
厳冬期権現岳1日目
コーヒー用自作クックセット
古賀志山
アルファ米自作
甲武信ヶ岳
ルンサールカンリ遠征・敗退編
ルンサールカンリ遠征・高所順応編
富士山
富士山
ルンサールカンリ遠征準備編
富士山
自作アタックザック
雲取山・飛龍山
残雪期燧ヶ岳
残雪期北岳敗退編
残雪期北岳アプローチ編
赤薙山
扇山
四阿山
自作クッカーセット比較
自作ULチタンストーブ
厳冬期赤岳2日目
厳冬期赤岳1日目
大菩薩峠
夜叉神ヒルクライム
冬季三ツ頭
冬季権現岳
塔ノ岳・表尾根縦走
大岳山
御岩山
自作ウッドストーブ
氷川屏風岩
大山川
奥高尾トレイル
自作タイベックシュラフカバー
米子沢
つづら岩
真名井沢
ストックカンリ・サミット編
ストックカンリ遠征
富士山
富士山
富士山
勘七ノ沢
葛葉川本谷
アルミ缶自作クッカー
残雪期鳳凰三山縦走2日目
残雪期鳳凰三山縦走1日目
山菜まとめ2011
雲取山
川苔山
滝子山・大谷ヶ丸
雄国山
厳冬期権現岳敗退。
高尾山でフォーカストビバーク
ホボストーブ一式
ホボストーブのフィールドテスト
サバイバルキット自作
権現岳2日目
権現岳1日目
多摩湖
川苔山で道迷い対策トレ
川苔山
茂倉岳
四阿山
プライベートウォール自作後編
プライベートウォール自作
滝子山山頂付近でルート誤り
南大菩薩連嶺縦走
車山
富士山
筑波山
一ノ倉沢で山宴会
丹沢主脈縦走
富士山
燃料尽きたら。
八ヶ岳縦走3日目
八ヶ岳2日目
八ヶ岳1日目
アルコールストーブ自作
裏高尾縦走
塔ノ岳・表尾根縦走
雲取山2日目
雲取山1日目
武甲山
乾徳山・黒金山2日目
乾徳山・黒金山
涸沢

タグ一覧

高尾(3) 谷川山系(2) 自転車(3) 自作(14) 縦走(15) 積雪期(11) 秩父(1) 海外登山(5) 沢登り(5) 残雪期(7) 東北(2) 日光(1) 敗退(3) 山菜(1) 山スキー(2) 富士山(6) 奥秩父(4) 奥多摩(11) 大菩薩(2) 厳冬期(6) 南アルプス(5) 北アルプス(1) 八ヶ岳(12) 丹沢(7) 上越(1) ボルダリング(3) フリークライミング(3) ヒマラヤ(5) テント泊(21) ストーブ(5) クッカー(4) きのこ(2)
八ヶ岳縦走3日目  (Mon, 19 Jul 2010 23:12:42 0900)

Day 3.

長い縦走路の始まり。

yatsugatake
横岳から赤岳を見るとピラミダルな山容。

yatsugatake
手前に見えるのは赤岳展望荘。そこから奥に、横岳、硫黄岳と続く。

yatsugatake
硫黄岳からはやさしさのある山肌。

yatsugatake
縦走という縦走だ。夏沢峠を経て東天狗へ。

yatsugatake
行動時間9時間。3日目幕営地の黒百合ヒュッテに到着。

早々と就寝。長い一日が終わった・・・

yatsugatake
最終日。中山山頂をひとりじめ。

yatsugatake
続いて丸山。

yatsugatake
国道299号が見えた。

yatsugatake
麦草峠に到着。

yatsugatake
4日間もあっという間に過ぎてしまった。この道路を隔てて、さらに奥、北には道が続いている。そこへ向かう自分を想像しつつも登山計画書にしたがい帰路に。

行程:
1日目:小淵沢駅-観音平(幕営)
2日目:観音平-雲海-押手川-編笠山-青年小屋-権現岳-旭岳-ツルネ-キレット小屋(幕営)
3日目:キレット小屋-赤岳-地蔵ノ頭-横岳-硫黄岳-夏沢峠-根石岳-東天狗-中山峠-黒百合ヒュッテ(幕営)
4日目:黒百合ヒュッテ-中山峠-中山-高見石小屋-丸山-麦草峠

エスケープルート:
荒天時は、2日目の場合観音平まで下山、3日目の場合行者小屋退避のち立沢に下山、4日目の場合は天気回復を待って渋ノ湯まで下山

食料:9食分 非常食:2食分 予備食:2食分

装備:
地図、ホイッスル、コンパス、時計、水筒、保険証、ヘッドランプ、予備電池、手袋、ビニール袋、筆記用具、帽子、ナイフ、ライター、雨具、携帯電話、ラジオ、カメラ、ストック、ストーブ、コッヘル、燃料、テント、サーマレスト、現金、熊鈴、サングラス

アタック日の様子はこちら





↓ひとつ古い記事  ↑ひとつ新しい記事

この記事に対するコメント(2件)
この記事に対するコメント(-)
狭山の孫六さん、コメントありがとうございます。赤岳~硫黄岳はなかなか混んでいました。天気がよく皆ご機嫌のようでした。
by すださん
-----------------------
天候には本当に恵まれて、良かったですね。写真が人ごみをさけたのか、意外とコース上は静かで、良かったですね。山は天候が一番。それにしても用意周到、緻密な計画で、安心しました。ところで、携帯のアンテナは立ちましたか?それとも、世俗のものはすべて断ち切ったのでしょうか?まあ、人気のコースでもあるし、時期も良いので、誰かしら通るので安心は安心ですね。やあ、写真を中心にコンパクトにまとまったレポートで、読みやすかったです。ご苦労様でした。感動を仕事のエネルギーに・・・
by 狭山の孫六さん
-----------------------

コメントを書く
: 名前